SANYO デジタルムービーカメラXacti(ザクティ) DMX-CG6

このページはSANYO デジタルムービーカメラXacti(ザクティ) DMX-CG6 の記事を掲載しています。
トップsitemap
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■新開発の写真「手ぶれキャンセラー」※1搭載で、ムービーも写真も手ぶれに強い
独自に開発した「手ぶれキャンセラー」は、撮影時の手ぶれの方向とぶれの量を内蔵のジャイロセンサーにより検出。画像のぶれ成分を打ち消し、ぶれのないシャープな画像を作り出します。この方式により、小型軽量のスタイリッシュなデザインを損なうことなく手ぶれに強いカメラを実現しています。また、ムービー撮影時には、握って撮るスタイル特有の手ぶれ周波数に適応したアルゴリズムの採用や、「手ぶれ」と「カメラワークによる揺れ」の違いを的確に判別するデジタル手ぶれ補正機能※5を搭載しているので、ムービーと写真の両方を安心して撮影していただけます。
※5 手ぶれ補正モードのムービー撮影中は写真の画角が変わる場合があります。

■薄明かり※2でもきれいなムービーが撮れる 最低被写体照度「2ルクス」※3を実現
ムービーと写真撮影の両方が高感度対応となりました。ムービーでは、従来の9画素混合技術をより強化し、暗い場所での撮影能力をアップしました。シーンセレクトショット機能のランプモードを選択すれば、フレームレートを自動調整し最低被写体照度約2ルクスといった暗いシーンでも撮影が可能です。例えば、照明を抑えたレストランやキャンプなどで大活躍します。また、写真撮影では600万画素の高精細画質で最高感度ISO1600に対応。室内や夜景など、ぶれが起きやすい場所やフラッシュを使いたくないシーンでも自然な色や表情をきれいに撮影できます。

■ポケットサイズで最長4時間※4の高画質ムービーと600万画素の写真撮影が可能
自然な姿勢で撮影できるエルゴノミクススタイルのコンパクトなボディーに、高画質ムービーと600万画素の高精細写真撮影機能を搭載。新開発の高速映像処理LSI「ピュアフォースエンジン II」により、ムービー撮影中でも600万画素の写真同時撮影が可能※6です。また、面倒なモード切替なしに親指だけで操作できるイージーオペレーション仕様となっています。モニターには明るく高精細な2.5型アモルファスシリコン液晶パネル(約11万画素)を採用。反射光を利用した視認性の高い画面なので、屋外でも撮影内容の確認がスムーズに行えます。ムービー記録方式は世界標準であるISO規格準拠のMPEG-4方式を採用。SDHC対応なので、4GBのSDHCメモリーカードを使用すれば最長4時間もの長時間ムービー撮影が可能です。音声記録には、48kHzサンプリング、16bitのステレオ音声をAAC方式で圧縮し高音質を実現しています。
*SDHC(SD High-Capacity)とは
SDカードアソシエーションが策定した、2GB超の大容量を実現する新しいSDメモリーカードの上位規格です。
※6 静止画モードにより、ムービー撮影が静止した状態で記録される場合があります。


SANYO デジタルムービーカメラXacti(ザクティ) DMX-CG6

価格! 41,429円 (税込43,500円) 送料込
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。