ペンタックス K10D の露出制御

このページはペンタックス K10D の露出制御の記事を掲載しています。
トップsitemap
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どれほど高画素な撮像素子を搭載しても、
手ぶれを許しては本来の解像性能が発揮できません。
K10Dは、手ぶれ補正機構SRをボディに内蔵。
低速シャッター時はもちろん高速シャッター時でも、
SRの駆動により、拡大プリント時にはじめて気づくようなわずかな手ぶれをも補正します。

■撮像素子本来の解像性能を引き出す、手ぶれ補正機構SR(シェイクリダクション)
■きわめて高い解像度と階調表現を生む、有効1020万画素、大型CCD
■最大420万の階調表現を可能にした22ビットA/D変換
■高速、高画質処理を追及した新画像処理エンジンPRIME(プライム)
■シャッター速度と絞り、ISO感度の自在なコントロール。
このカメラは、露出制御の真の醍醐味を知っている。

【クレジット不可】【新商品】
ペンタックス デジタル一眼レフカメラ
K10D 19094【ボディ】

商品番号 19094
価格 108,000円 (税込113,400円) 送料別
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。