デジタル一眼レフ PENTAX ペンタックス K10D ボディ

このページはデジタル一眼レフ PENTAX ペンタックス K10D ボディ の記事を掲載しています。
トップsitemap
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高精細な画像が得られる有効1020万画素に加え、手ぶれ補正機構 SR ( Shake Reduction )等の機能・性能により、さらに高いレベルの画質を実現したレンズ交換式デジタル一眼レフカメラです。
画像へのゴミの写り込みを防ぐ DR ( Dust Removal ) や、撮影意図に的確に応えることができる露出設定機能、防塵・防滴構造など、高画質な画像の撮影を支援するさまざまな機能・性能を搭載しています。

付属品:充電式リチウムイオンバッテリー、バッテリー充電器、ファインダーキャップ、USBケーブル、ビデオケーブル、ストラップ、ソフトウェアCD-ROM

*レンズは付属いたしません。



この商品は オープン価格です
本体価格 107,800円 (税込 113,190 円) 送料込


撮像素子の解像性能を引き出す、
手ぶれ補正機構SR(シェイクリダクション)

解像性能の高い撮像素子は、手ぶれに対しても敏感。鮮明な画質を得るためには、高画素になるほど高精度な手ぶれ補正が必要です。K10Dは、手ぶれ補正機構SRをボディに内蔵。画質重視のコンセプトに基づき、低速シャッター時はもちろん高速シャッター時でも、SRを最適に駆動させます。これにより、拡大プリント時にはじめて気づくような、ごくわずかな手ぶれさえも良好に補正。緻密で鮮明な画像にこだわり、撮像素子が本来持っている解像性能を引き出すための、ペンタックスの回答です。


シャッター速度にして約4段分※の効果が、
手持ちによる撮影領域を拡大

K10Dの手ぶれ補正効果は、シャッター速度に換算して約2.5~4段分と強力です。被写界深度の浅い望遠レンズやマクロレンズの使用時はもちろん、夕方や室内など光量の不足しがちなシーンでも、手持ちによる軽快な撮影、その場にある光や雰囲気を活かしたナチュラルな描写が可能になり、対応できるシーンや表現の幅が大きく広がります。

※シャッター速度換算。補正効果はレンズ種類や撮影条件により異なります。
◎カメラを三脚に固定して撮影する場合は、SRをOFFにしてください。


応答特性と安定性をさらに進化させた、
熟成のSRメカニズム

K10DのSRは、ペンタックス独自の撮像素子シフト方式です。センタープレート上の撮像素子を磁力により高速で移動させ、ぶれを補正します。K10DのSRは、新しい撮像素子に合わせて設計変更を行い、制御アルゴリズムもチューニング。また、磁石、コイルなど駆動力の強化によって、動作安定性もさらに向上。従来を超える高い補正効果を獲得しました。



あらゆるペンタックスレンズで
手ぶれ補正効果を発揮

手ぶれ補正機構SRはボディ内蔵。装着できるあらゆるレンズで効果を発揮する、合理的なシステムです。マニュアルフォーカスレンズにももちろん対応。そのようなレンズの装着時は自動的に「手ぶれ補正」設定画面が表示されるため、レンズの焦点距離情報がスムーズにセットできます※。これまで愛用してきたレンズの描写力や「味」は、カメラをK10Dに持ち替えても健在です。
※ご利用にあたっては使用説明書をご覧ください。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。