EasyShare V705 コダック 23mm 12月発売!

このページはEasyShare V705 コダック 23mm 12月発売!の記事を掲載しています。
トップsitemap
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日紹介した EasyShare V570 の後継機です。レンズを2つ搭載し23mmの広角側での撮影が可能なコンパクトデジカメ。28mmが主流になりつつありますが、スナップ写真・コンパ・飲み会・カラオケボックス・お食事会など、仲間内での撮影が多い方は、23mmレンズが大きな武器に鳴ってくれます。

以下コダック社のWebサイトより抜粋です。

http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/corp/news/1106/011106_b.shtml

Kodak EasyShare V705 デュアルレンズ デジタルカメラ」発売

超広角(23mm*1)と光学3倍ズームレンズ搭載、有効画素数710万画素の新製品



 コダック株式会社(社長:川上 隆二、以下コダック)と加賀ハイテック株式会社(社長:高橋 進次、以下加賀ハイテック)は本日、コダック製デジタルカメラの新製品「Kodak EasyShare V705 デュアルレンズ デジタルカメラ(以下V705)」を、12月初旬より加賀電子グループおよび加賀ハイテック取引先のオンラインショップなどで発売すると発表しました。
 このデジタルカメラは、本日発表された「加賀ハイテックのコダックデジタルカメラ国内販売総代理店契約締結」後、加賀ハイテックにより市場導入される最初の機種です。

 「V705」は、日本市場でも評価の高かった、世界初デュアルレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「Kodak EasyShare V570 デュアルレンズ デジタルカメラ(以下V570)」の後継モデルです。「V705」に採用されているコダック独自の新技術「コダック レチナ デュアルレンズ テクノロジー*2」は、コンパクトデジタルカメラにおいて、焦点距離の異なる2つのレンズを組み合わせることを可能にした技術です。この新技術により、コンパクトデジタルカメラで初の広角23mm*1の撮影から、117mm*1までをカバーする5倍ズーム相当の写真撮影が可能となりました。また、V570からの改良点として、CCDセンサーは有効画素数710万画素にアップし、感度はISO1,000相当の高感度撮影が可能となりました。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。