富士フイルム F31fd 顔認識機能の凄さ!& F40fd 登場

このページは富士フイルム F31fd 顔認識機能の凄さ!& F40fd 登場の記事を掲載しています。
トップsitemap
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はサブ機としてFinePix F31fd を持ってます。(兄のなんですけどね・・使わないからずっと借りてます)

これ非常に優れたコンパクトカメラで、普段撮りならまず不満はありません。描写能力も暗いところから明るいところまで非常に鮮明です。
何より初心者の方はこの「顔認識機能」付きの機種お薦めです。

なぜか・・逆光、レストランや博物館などの薄暗い所などでの撮影は少しコツがいるのですが、このカメラは自動で「人のいる部分がキレイに写るように」フラッシュやシャッター速度・露出・感度を調整してくれるんです。

写真好きな私や、その他の人っていうのは、この辺が腕の見せ所で自分なりのポリシーがあったりするんですけど・・この「顔認識機能」っていうのは人の顔を認識して、その部分が最適に写るようにしてくれます。技術の進化を感じることができますよ、ほんと。

デジカメの画面に撮る人を入れると自動的に四角の枠で、顔部分を認識します。ホント瞬間で認識します。グアム島に友達と行ったとき、3人でスナップ撮るときに

「行っくよ~!」

と言ってカメラを向けると「パパパッ」と四角が3人の顔に出てくるところなんて、まるでSFみたいです(笑)(瞬間に認識します)

しかもバックが晴れの砂浜で3人(被写体)に木の陰がかかりやや逆光気味(背景重視)という、カメラ好きの私でもちょっと考えちゃう状態でシャッターをきると、見事!!背景も人も鮮明に写ってます。

後は、青空をバックに友達の顔をビーチに寝そべって撮ったり、薄暗いハードロックカフェ(レストラン)や、ホテルのベランダでみんなで撮った写真(背景が明るく、ベランダ内が影のため一般的に難しい)も、スゴイの一言。

旅行時に荷物に愛機 MZ-3 (PENTAXの古いカメラ、しかもデジカメじゃない(泣)・・)を入れるのが怖くて、兄に借りて持って行った富士フイルムの F31fd 一気にファンになりました。

私のひいき目たっぷりの F31fd レポート。役にたちましたか?

なんとそのF31fdの後継機? F40fd が登場しました!

有効画素数830万画素、顔検出機能「顔キレイナビ」を搭載した FinePix F40fd

興味津々でスペックを調査してみました。
画素数アップ かつ 顔検出機能は継続して搭載。
でも、撮影枚数、描写性能(CCD)は少しハテナなところもあります。
何よりも大きいのは SDカードが使えるところでしょうか。これは賛成ですよね。xDカードよりも安いし大容量!




xD-ピクチャーカードとSDメモリーカードに対応するデュアルスロットを採用。
価格 42,667円 (税込 44,800 円) 送料込
2月下旬発売予定
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。